運送業の現場

定期案件のマニュアル化をしよう

運送業をしていれば必ず複数の人間で同じ案件を回さなければいけないことがあります。 今日はあの人、今日はこの人といったように、運送会社として定期案件を受注している場合はその定期案件の内容を所属のドライバーが知っている必要があります。 ...
ドライバー

疲労回復のススメ

運転業務を生業とする運送業ですが、運転をしていると腰痛や運動不足、長時間の運転による疲労が蓄積します。 ただでさえ長時間労働が問題となっている業界なだけに、ドライバーの疲労回復には気を使いたいところです。 この記事では...
ビジネス

物流業者に適切な運送以外のビジネスとは?

低運賃や長時間労働、生産性の低さが問題となっている物流業者ですが、個人事業主や小規模物流業者が「運送以外のビジネス」をするとしたらどのようなものが最適でしょうか? アデコ 働き方調査、悩みは「給与が低い」 まず...
未分類

自動運転技術が実用化されても2t車以下の仕事は人がやる

巷で話題の自動運転技術ですが、果たして物流業界にどのように影響するのでしょうか? 以下のランキングをご覧ください。 「自動運転」でなくなる20の仕事ランキングから引用 見事に配送ドライバーが入っています。...
運送業の現場

運送ドライバーが教える交通事故対応マニュアル

運送業には付きものである交通事故。 ドライバー自身、通常頻繁に起こるものでもないから、いざ交通事故を発生させてしまったときは、気が動転してしまうということも少なくありません。 そのために、交通事故を起こして一刻を争う場...
運送業界

物流業界の運賃が上がらない理由は何なのか?

低料金が定着して久しい運送業界ですが、運送業界の運賃はなぜ上がらないのでしょうか? また、「ブラックな業界」というイメージすら定着している背景にはどのような理由があるのでしょうか? この記事では運送業界の運賃が上がらな...
ドライバー

人手不足は少数精鋭で乗り切れる

弊社は直接契約しているドライバーが7人ほどの小さい会社です。 社会で言われる人手不足の例外にももちろん漏れず、人が欲しいのは山々ではあります。 とは言え、現在在籍しているメンバーは、荷主への対応もよく、各ドライバー同士...
運送業の現場

運送ドライバーの一日

運送ドライバーの一日ってどんな印象でしょうか? 朝早いとか、夜遅いとか、重い物を持つとか色々とイメージがあるかと思います。 弊社はチャーター便が主で、中には重い物もありますが、全ドライバーの案件を合わせてもせいぜい2割...
運送業界

自動車運転免許の分類〜年々細分化される〜

私達がこの仕事に絶対に欠かせないのが「運転免許」です。 ですが、日々仕事をしていると運転免許の分類などに改正が加えられたり、単に追加されていたりと変化していきます。 これから免許を取りたいと思う人にも古い情報を提供して...
ご報告

アシストスーツを試験的に導入しました

運送業をしている人にとって悩みのタネともなる「腰痛」。 この仕事をしていれば必ずと言っていいほど付いて回ると言えるほどに職業病とされるものです。 荷物の上げ下げ、重い物や荷台での作業、長い運転時間など腰に悪いことは間違...
タイトルとURLをコピーしました